印刷通販のプリスタ。 スタッフブログ

「名刺印刷のプリスタ。」「印刷通販の総合サイト プリスタ。ex」を運営する株式会社ビットブレーンのスタッフブログ。

名刺印刷といえばプリスタ。で決まり!ですよね?

こんにちは。

名刺印刷のプリスタ。」や、チラシやハガキ、冊子の印刷などを取り扱っている「印刷通販のプリスタ。ex」など印刷通販サービスを運営しているビットブレーンのディレクターの山田です。


ーーーーーーーー


印刷通販サービスで印刷物を注文しようと色々なサイトをご覧になられて必ずでてくるキーワードに「完全データ入稿」という言葉をご覧になられると思います。


今回はこの「完全データ入稿」について説明をします。

名称未設定-1


印刷通販サービスで「完全データ」といわれるデータは、Adobe社の「Illustrator(イラストレーター)」または「Photoshop(フォトショップ)」というソフトで作成され保存されたデータをさすことほとんどです。

マイクロソフト社の「Word」や「Excel」などで作成したデータでは注文を受け付けていないか追加料金が発生したりします。


では、なぜ「Illustrator(イラストレーター)」と「Photoshop(フォトショップ)」で作成されたデータがメインになるかということを説明します。


主な理由として、

1)フォントをアウトライン化できる
2)刷版する機械(CTP)やオンデマンド印刷機で出力する際の対応ソフト
3)CMYKでカラー指定が可能

他にも理由がありますが、この3つが大きな理由です。


まず、「1)フォントをアウトライン化」についてですが、お客様がデータを作成時につかわれているパソコンの環境と印刷業者側の環境で「インストールされているフォントが違う」場合だとフォントをアウトライン化(線画)しないと印刷会社側でうまく表示されず、お客様のイメージ通りに印刷することができません。

Illustrator(イラストレーター)」と「Photoshop(フォトショップ)」で作成された場合だとフォントをアウトライン化(線画)することができるのですが、「Word」や「Excel」で作成された場合だと印刷前に埋め込まれたフォントを復元させアウトライン化するという作業が必要になります。


次に、「2)刷版する機械(CTP)やオンデマンド印刷機で出力する際の対応ソフト」についてですが、家庭用のインクジェットプリンタやオフィス用のレーザープリンタなどで印刷するのと違い業務用の本格的な印刷機では色調など細かい調整などをするための専用のソフトをつかって刷版や印刷をおこないます。
そのソフトに広く対応しているのが「Illustrator(イラストレーター)」と「Photoshop(フォトショップ)」で作成されたデータが多く、「Word」や「Excel」作成されたデータだと対応した形式に変換する必要があり、変換の際にデータが変形してしまったりという現象もあるため変換時に工程と時間の追加が必要になります。


次に、3)CMYKでカラー指定が可能についてですが、カラー印刷は「C(シアン:青)」「M(マゼンダ:赤)」「Y(イエロー:黃)」「K(ブラック:黒)」の4色のインクをかけあわせて行います。
Word」や「Excel」で作成されたデータだとパソコンの画面上で表示されるRGB形式でのカラー指定しかできません。
印刷データはパソコンの画面上のカラー指定ではなく、4色(CMYK)でのカラー指定を行わなければイメージに近い色調で印刷できないため、CMYKにカラー指定ができる「Illustrator(イラストレーター)」と「Photoshop(フォトショップ)」で作成されたデータを推奨しています。



このように印刷通販サービスはお客様に「安く」「早く」「印刷物をお届けする」ために、

「いただいたデータをそのまま印刷する」=「工程が少ないため早く安く印刷できる」

Illustrator」や「Photoshop」で作成いただいた「完全データでの入稿」を推奨しています。


弊社の通販印刷サービス「プリスタ。ex」でも「完全データでの入稿」でのご注文を主に受け付けておりますが、「Word」や「Excel」でのご注文も受け付けております。



※IllustratorやPhotoshopなどAdobe社製のソフトの詳細についてはAdobe社のホームページをご覧ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちは。

名刺印刷のプリスタ。」や、チラシやハガキ、冊子の印刷などを取り扱っている「印刷通販のプリスタ。ex」など印刷通販サービスを運営しているビットブレーンのディレクターの山田です。


ーーーーーーーー


印刷物を注文する時によく「オフセット印刷」や「オンデマンド印刷」という言葉を耳にすることがあると思います。


色々な印刷方法があるなかでもっともよく使われる印刷方法がこの「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」のふたつの方法です。


今回はこの「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」の違いについて説明をします。


まずこのふたつの印刷方法の違いは、おもに紙にインクを載せる方法が違います。


オフセット印刷で印刷するためには「」が必要です。
」をわかりやすく例えると「ハンコ」をイメージしてください。
ハンコに朱肉をつけ紙に押すとハンコに彫った文字が印刷されるような印刷方法がオフセット印刷です。
※版についての詳しい方法についてはまたの機会に書かせていただきます。

オフセット印刷で印刷するには、まずはパソコンで作ったデータをもとに「」を作る必要があり、作った版にインクをつけて紙に印刷していきます。



オンデマンド印刷には色々な種類がありますが、
主な方法として、「トナー式」と「インクジェット式」のふたつの方法が一般的です。
※一般的なオンデマンド印刷はインクの乾燥時間がない「トナー式」となります。

オンデマンド印刷の特徴として「版が無い」ということです。
パソコンで作ったデータを直接オンデマンド印刷機に送ってそのまま印刷します。



では、この「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」の違いをもとにふたつの印刷方法のどちらかを選ぶときの目安を簡単に説明します。


「オフセット印刷」
・版を作る必要があるため製版する費用が必要。
・印刷工程がオンデマンド印刷に比べて多いため時間がかかる。(製版→印刷→乾燥)
・1度の印刷工程で複製が容易なため部数の多い印刷に適している。

「製版するコストがあるため小ロットの場合は費用が高くなるが部数が多くなると1枚あたりのコストが低くなるので部数の多い印刷に適している」



「オンデマンド印刷」
・版を作る必要がないため製版する費用が不要
・パソコンで作ったデータを直接印刷するため短時間での印刷が可能。
・オフセット印刷に比べコスト面で部数の多い印刷に適していない。

「部数の多い印刷の場合はコストが高くなるが、パソコンから直接データを送って印刷できるため1枚からの小ロット印刷に適している。」


このように印刷物や部数によって「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」のどちらが適しているのかも簡単にまとめますので、印刷を注文するときの参考にしていただければと思います。

「オフセット印刷」
・部数の多い印刷物(1000枚以上)
チラシフライヤー、挨拶状(DM)、ステッカーなど

「オンデマンド印刷」
・部数の少ない印刷物
名刺ハガキポストカード、小ロットのチラシフライヤー冊子など

Top-Fuji-dc5151p
※「プリスタ。」のオンデマンド印刷で採用しているFuji xerox社製のDocuColor5151

ちなみに「プリスタ。」ではオフセット印刷、オンデマンド印刷のどちらも対応しておりますが、印刷通販サービスでは「早い仕上げ」と「小ロットで安く」印刷物をお届けできるよう「オンデマンド印刷」の方法での商品を提供しております。

オンデマンド印刷だけでなく様々な印刷方法にも対応しておりますので、印刷のご相談などは「印刷通販のプリスタ。ex」までお気軽にお問い合わせください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちは。

名刺印刷のプリスタ。」や、チラシやハガキ、冊子の印刷などを取り扱っている「印刷通販のプリスタ。ex」など印刷通販サービスを運営しているビットブレーンのディレクターの山田です。


ーーーーーーーー


今回は印刷通販についての説明をします。


印刷通販」とは書いて字のごとく「印刷物」を「通信販売」で届けるサービスです。


これまで名刺封筒を作ったりする場合は、印鑑なども売っている街の印刷屋さんや、印刷会社さんなどへ注文されていたと思います。


インターネットが広まり楽天Amazonなどに代表されるECサイトでモノを買うことがポピュラーになりました。


またパソコンで年賀状や挨拶状、専用の用紙をつかって名刺をインクジェットプリンターで手軽に印刷できるようにもなりました。

ですが、プリンターの性能もあがり手軽に印刷できますが、専用の印刷機での印刷のクオリティーにはなかなか及びません。


そこでインターネットで自分で作成したデータを送って注文し、専用の印刷機をつかってクオリティーの高い印刷物を通信販売でお届けする「印刷通販サービス」が主流となってきました。

インターネットを利用し営業マンなどを介さず直接取引をすることで営業費などを削減でき、印刷料金を大幅に安くすることができました。

IMG_0012


例えば当社の「名刺印刷のプリスタ。」では、

片面モノクロ 100枚が190円

と1枚あたり片面モノクロが1.9円、片面カラーが5.8円からの料金となっていますが、

インクジェットプリンターの専用用紙を使い名刺100枚を印刷する場合は、

専用用紙がAmazonの最安で430円、インク代が片面モノクロで60円ほどとなり、

片面モノクロ 100枚が490円

とクオリティーはもちろん1枚あたりのコストも大幅に変わってきます。


お届けまでのスピードもプリスタ。の名刺印刷だと14時までのご注文で当日発送なので、注文して翌日から翌々日にはお手元に届きます。



このように自分の思い通りのデータをインターネットで送り、
手軽に印刷できる「印刷通販サービス」をご利用になられてはいかがでしょうか?



印刷に関しての不明点などは「印刷通販のプリスタ。ex」までお気軽にお問い合わせください。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ